【資金計画】年収から借入可能額計算

EXCELによる住宅ローンシミュレーション

住宅ローンの借⼊可能額は、年収によって変わってきます。

借入可能額とは金融機関が、年収や年齢、既存借入などから、この人ならいくらまで借りても返済が可能だと判断して出す額になります。

実際の融資審査では、会社の規模、職歴、信用情報などが加味され最大借入可能額が算出されます。

 

多くの金融機関が目安として、年収に対する返済額の割合返済比率というかたちで、借入可能額を出しています。


住宅金融支援機構のフラット35では、次のように収入基準を定めています。
年収 400万円未満は、30%
年収 400万円以上は、35%以下

 

テンプレートを作成しました。

ご活用ください。



Sponsored Links

EXCEL2016(テンプレート)です。

マクロは使用しておりません。

A4サイズです。

◎修正履歴

2022/2/15 新規公開

 

DOWNLOADはこちら☟

Sponsored Links

ダウンロードしてからお使いください。
ANIYA【資金計画】年収から借入可能額計算20220215
ダウンロードはこちらから↑
ダウンロードフォルダに保存されます。


Sponsored Links

LINEで送る
Pocket