【リスク管理】金利が上昇した場合

 

マイホームの購入は、ライフプランに合わせて検討することが多いと思います。

しかし経済情勢によって大きな影を受けることがあります。

それは、住宅ローンを組んだ場合に、本体の借入額である元本以外に、

銀行の利益となる金利を支払うことになります。

その金利が、世界、国内の経済情勢によって大きく変動します。

金利が高い時に住宅ローンを組むと、見えづらい支払いが待っています。

金利が高い時は経済が発展している場合が多いので、それに合わせて収入も多くなります。

よって金利支払いが大きくても一概に不利とはいえません

しかし、住宅を購入する際は、借入額が高めなため、支払い期間も長くなると思います。

支払い期間が長くなるということは、

金利負担にもおおきく影響

してきますので注意しなければいけません。

 


Sponsored Links


EXCEL2016(テンプレート)です。

A4サイズです。

 

 

◎修正履歴

2018/4/30 公開

 

DOWNLOADはこちら☟

Sponsored Links

🔻🔻🔻🔻🔻🔻🔻🔻

↑↑↑ダウンドーロはこちらから
Sponsored Links

LINEで送る
Pocket