不動産の販売図面に書いてある建築年度が、和暦であったり西暦であったりと混在しています。
共通の決め事が無いため、表示は統一されておらず、西暦、和暦変換が苦手な人は苦労します。
計算が得意な方は、西暦をベースとして西暦に12を足すこてで和暦にする方法を覚えれば応用が効きます。
例えば
西暦2017年は下二桁17に12を足して下二桁が29になります。平成29年です。
西暦1992年は下二桁92に12を足して下二桁が4になります。平成4年です。
12を足して2000になる1988年からは昭和です。
昭和の場合は西暦の下二桁に75を足します。
例えば
西暦1988年は下二桁88に75を足して下二桁が63になります。昭和63年です。
12と75で、「いつ泣こう」で覚えてみてください。 
 
今だれもが持っているスマートフォン
わざわざ計算を覚えてなくてもアプリですぐ調べられます。
 
アプリで特徴の違ったおすすめを2つご紹介いたします。
 
それぞれ使いやすい方を利用すれば良いかと思います。
 
★★1つめは電卓方式でです。★★
わかっている年を入力すると、その年に係る他の情報が表示されます。
 

年号 西暦 皇紀 年齢 干支換算機

デベロッパ:sui zhongbao

 
まず、和暦か西暦か年齢ボタンをタップします。
その後続けて数値を入力します。
皇記や干支まで表示されます。
iPhone版
 
年号(和暦)、西暦(iphoneは紀元前も)、年齢、皇紀( iphone 版)お互いに検索することができます!
そして、その年に対応しての干支も表示されます!
神武天皇元年(前660)からの年号の一覧と干支、皇紀、西暦が対応しています。年号と干支の読み方も表示されます!
iphone 版は日本全時代の年号の一覧表から、調べたい年号を素早く確認することができます!また”紀元前”キー”をタッチすると、紀元前から検索することが出来ます。
◎ジェスチャー (iphone 版 ):

1.表示エリア上で左にスワイプと,昨年として表示するようになる。
2.表示エリア上で右にスワイプと,来年として表示するようになる。
3.表示エリア上で下にスワイプと,今年として表示するようになる。

<使い方>
1.西暦から検索(初期画面は西暦入力モードです)
“西暦”キーをタッチし、数字を入力して、決定をタッチします。

 2.年号から検索
年号キー(平成、昭和、大正、明治)をタッチし、数字を入力して、決定をタッチします。

3.年齢から検索
“年齢”キーをタッチし、数字をを入力して、決定をタッチします。

4.明治前の年号から検索(iphone 版 )

“明治前”キーをタッチし、年号一覧表に調べたい年号を選択すると、年号から検索と同じ操作です。

5.皇紀から検索(iphone 版 )
“皇紀”キーをタッチし、数字をを入力して、決定をタッチします。
Android版
 
 

 

 

 

★★2つめは、スクロール拡大表示タイプです。★★

iphoneアプリ

年号しらべ

デベロッパ:AppBank Inc.

アイコンが毎年更新で和暦と西暦が書かれていて助かります。

年初に、平成何年か西暦何年かとすぐアプリを開くことなしにわかります。

アプリ内では年号をスクロールして知りたい年を簡単に調べられます。

虫眼鏡ボタンまたはディスプレイタップで検索モードにはいります。

ディスプレイ選択で和暦・西暦・年齢の入力が可能です。

 

 

★★3つめは、一覧表示方式です。★★
スクロールすることで、素早く確認することができます。
アンドロイドアプリで一番おすすめがこちらです。
 
Androidアプリ

年号早見表

デベロッパ:App Town

 
西暦、年号、干支、年齢の順で表示されます。
シンプルで画面が見やすく、スクロールもスムーズです。
 
 

↑↑↑ダウンドーロはこちらから
Sponsored Links

LINEで送る
Pocket